三松幼稚園は、「自由に遊ぶ」を中心に教育を行っています。

学校法人 三松学園 さんしょうようちえん 

三松幼稚園

〒431-1414 静岡県浜松市北区三ヶ日町三ヶ日432

新年度入園児募集中

お気軽にお問合せください

理事長あいさつ

御仏の加護のもとたくましく育つ園児たち

三松幼稚園西園庭

学校法人三松学園三松幼稚園は、曹洞宗宝福山金剛寺の境内にあります。

三松幼稚園の始まりは、大正15年(1926)に遡り、須賀大心師(金剛寺第三十一世住職1884~1958)により日曜学校子供倶楽部として創設されました。けれども、昭和3年(1928)には金剛寺本堂建立のため、やむなく閉鎖することになりました。

その後改めて、三ヶ日町で初めてとなる私立三松保育園を、昭和19年(1944)に設立しました。それが母体となり昭和22年(1947)静岡県の指導により県知事認可を受け、私立三松幼稚園として新たな一歩が踏み出されたのです。二代目園長須賀一司師(金剛寺第三十二世住職1926~1996)は、静岡県の認可を受けたとはいえ当時何の助成も得られない中、この三ヶ日町の未来を担う子どもをしっかり育てたいと、献身的に幼児教育に力を注ぎました。

寺の境内で御仏の加護のもと、たくましく育つ園児たち、その姿は何十年経った今もかわらずにあります。昭和54年(1979)学校法人となり、より良い幼児教育環境を整えるべく、新園舎を昭和61年(1986)に建設し現在に至っております。

園の玄関ホールに入ると少し高いところに「稚児さま」という仏様が奉られています。三松幼稚園設立当初からのもので、やさしい眼差しで大勢の園児たちを見守っています。この「稚児さま」に向かって小さな手を合わせ挨拶する姿は当園の伝統であります。

理事長:須賀覚樹 合掌